心の距離は縮めようの画像

心の距離は縮めよう

ブログネタ

こんにちは!
ホームメイトFC幕張本郷店の皆川です。

じめじめ、ムシムシ、
不快に感じる日が増えてきますね。☔

「天気痛」持ちの私にとっては、
本当に憂鬱な日々ですが、バルコニーの
「アサガオ」「ひまわり」を見ている時間
だけは爽やかに感じます。





さて最近、
『 子どもが「SOS」を言えず ため込む 』
という記事を目にしました。

コロナ禍で大人に余裕がなく、
子どもが話しかけたり相談したりすることを
遠慮していたり、

スク着用やソーシャルディスタンスなどで
余計に声をかけにくいこともあるのではと
懸念されています。


たわいもないことでいいので、
意識して声をかけてあげることが必要ですね。


「声をかけにくい」と言えば、
先日バスの中でこんなことがありました。

抱っこ紐に赤ちゃんと大きなベビーカー、
そして2~3歳の女の子連れのお母さんが
バスを降りるときの話です。

あまりにも大変そうなので、何かお手伝いをと
思ったのですが、声をかけていいものか、
女の子に触れていいものか迷ってしまい、

結局見てるだけの状態だったのですが、
降りる間際に親御さんが私に向けて会釈して
くださいました。

何も出来ませんでしたが、気持ちだけは
届いていたようで少しうれしい気分に


そしてもう一つ思い出した父のエピソード。


実は昨年12月に父が亡くなったのですが、
体調を崩し血液検査の結果がでたその朝に
医師から「すぐに来て、救急搬送します」と
言われ病院についたとき、小さな女の子と
お母さんがいました。


子供が好きだった父は、子どもをみかけると
すぐに話しかけたり、握手をしようとしたり
するのでその度に「今はコロナだから話しか
けたり触ろうとしてはダメだよ」と注意をして
いたのですが、認知症の父に理解はできず。


その日の朝も女の子を見るなり
「こんにちは~」「かわいいね~」と。
すると女の子がにっこりと笑ってくれて
親御さんもやさしい声で「こんにちは~」と
返してくださいました。


思えばこれが父が他人様に話しかけた最後の
姿となりました。

今でもその時の父のうれしそうな顔、声は
忘れられません。


もしあのとき女の子が嫌な顔をしたら、

もしあのとき親御さんが迷惑そうだったら、

またちがった思い出になっていたと思います。


だからある意味『奇跡』親子に『感謝』✧♡


なかなかコミュニケーションがとりづらく
大変な時代ではありますが、

ソーシャルディスタンスはキープしつつ
心のディスタンスは離れないように、

あちこちに視線を向けていきたいと思う
今日この頃なのです。





”ブログネタ”おすすめ記事

  • 習志野市梅林園の画像

    習志野市梅林園

    ブログネタ

  • 2023年忘年会の画像

    2023年忘年会

    ブログネタ

  • 宅地建物取引士の更新の画像

    宅地建物取引士の更新

    ブログネタ

  • 千葉市図書館へ行こう!の画像

    千葉市図書館へ行こう!

    ブログネタ

  • 春の訪れの画像

    春の訪れ

    ブログネタ

  • かくれんぼ横丁の画像

    かくれんぼ横丁

    ブログネタ

もっと見る